ホーム > blog > エッセイ

エッセイ

rss

件数:7

みなさん、こんにちは。

 

今日はその昔、私が頂いたありがたいお言葉のはなし。

 

それは私が学生の時にしていたバイト先の社員さんからのお言葉。

 

「お前みたいな口の達者な奴はたいがい口で失敗すんねんぞ」

 

うう・・・ 重い。

 

しかも当たってる・・・

 

社会に出て営業という職種に就いて苦痛を感じた事はないので

口数は少ない方ではないとは思う。

その当時この社員さんと一日トラックに乗って行動をしていた。

40歳くらいだったと思うけど。

その社員さんは私の長所と短所を見抜いていたんだと今にして思う。

 

その当時の社員さんの歳をだいぶん超えたけど

本当に言葉の怖さと優しさを実感する日々。

一言多くて人を不快な気持ちにさせたり

一言勇気を出したおかげで感謝されたり。

 

 

いくつになっても

肝に銘じなあかんのやな

 

 

1年は365日。

 

全ての日は均等でかけがえのない1日である。

 

そんな事は百も承知であるけどやはり特別な1日というのがあり

 

その中でも1月1日の元旦は超特別な1日の不動ナンバー1であることは間違いない。

 

 

おそらく皆様もそこに異論はないでしょう。

 

たった1秒、時が進んで日付が変わるだけで妙に気持ちが新しくなり

 

「家内安全」「商売繁盛」「今年こそ腹へっこまそう!」とうとう

 

まさに色んな願い、煩悩と向き合い新たな闘志を燃やしていくもんである。

 

今年もそんな静かな決意をしている時に見慣れぬものが視界にチラチラ。

 

 

 

これは我が家のガス給湯器エコウィルの操作パネル。

 

いつもはお湯の温度とかが表示されているのであるが

 

明らかに異常な状態を表している。

 

恐る恐る蛇口を開く。

 

10秒、20秒・・・60秒経過

 

お湯が出ない・・・

 

新年の決意が遠いところに棚上げされてしまった。

 

そんなどころじゃないのは確か。

 

なんとかせねば!

 

早速に取説を取り出してあれこれ悩む。

 

結論は配管の凍結か単なる故障。

 

とりあえず自分に出来ることをと考えた結果

 

お湯を沸かしてぶっかける!!

 

こんな暴挙しか浮かばない。

 

けど実行。たっぷり掛ける。

 

遠くで除夜の鐘が聞こえる。

 

醍醐寺だろうか?

 

格闘数分。

 

やはりお湯は出ない。

 

このままでは明日の朝とても厳しいことになるのは明白なので

 

とりあえずダメもとでネットで調べた大阪ガスへ電話する。

 

 

まさかまさかの神対応!

 

大晦日の深夜でも暖かな対応に涙が出そう。

 

煩悩は全て消えたも同然。

 

 

 

良く普段目にする車ではあるが今日は格別の気持ちでお出迎え。

 

 

 

寒い中、新年早々頑張ってくれてるお兄さん。

 

「年末からずっと出勤ですけどまた休み有りますし(爽)」

 

彼にとっては年末年始も普通の1日なのである。

 

真夜中のコールセンターの人も含めて

 

こうやって頑張ってくれてる人達が要るから

 

安心して生活が出来ることを改めて肝に銘じた1日であった。

 

 

 

日本に住んでて良かった!

 

 

大晦日である。

 

明日になれば新しい一年がまた始まる。

 

極めて当たり前な話ではあるがやはりなんだかワクワクするもんである。

と、同時に凛とした気持ちも湧き上がってくる。

 

今年はあいつのせいで中々自由にさせてもらえなかったけど

来年はもう少し色んな方面に攻めていきたいと企み中。

 

 

 

イタリアンレストランをやっている友のおせち料理。

 

やたらとお肉が多いが俺好み!

 

私が身を置いているエレクトロニクスの市場は少し上向きになってきたけど

 

飲食の世界は想像を絶する一年だったのだと思う。

 

「休んでてもしゃーないし元旦から営業します」

そのポジティブさに目が覚めました!

 

皆さん一年間お世話になりました。

そして良いお年を!

 

 

 

 

 

 

ここ最近、ジャニーズ事務所の周辺が何かと騒がしい。

 

もちろん私の今までの人生の対極にある組織なので特に意識を

したことはないのだけど(当たり前やわな・・・)

でも、最近少し気になっている。

 

とりわけタッキー副社長に!

 

言っとくけど特に知り合いではない。

 

多分今後も知り合うことはない。

 

断言できる。

 

きっとない・・・。。

 

 

 

カリスマ社長が立派であればあるほどその後の舵取りは大変。

 

特にジャニーズの様に扱う商品がみんなイケメンで個性的。

そら、色々とやらかしよるわねーーー

その点、京都電子の扱う電子系は扱い易い。

勝手に未成年と酒飲んだりしないもん。

 

まぁ、そもそも人間ちゃうし。

 

組織で動いてる以上、不祥事にどう対処してまとめるかはリーダーの責任。

 それが先輩社員であっても・・・

 

頑張れ滝沢副社長!

 

ひとつ間違うと組織がややこしくなるし。

 

 

 

 

 

 

 

 それは腐ったみかんの理論(泣)

 

 

昔からカズが好きだ。

私くらいの世代でサッカーを少しかじっていた人なら間違いなく好きだと断言する。

そう、間違いなくみんな好きですよね?

ところでどこが好きなんだろう?

それはとにもかくにもカッコいいから。

個人的な見解だけど・・・。そう思う。

同世代としてある種の憧れであると言い切りたい。

恥ずかしげもなくかなり褒めている。

何かの間違いでカズがこのブログを見る事があるかもしれない。

その時のために更に褒め続ける。

 

「こういう人間になりたい」と思ったら「そういう人間のマネをすればいい」と言う。

でも私にはあの華のあるプレーも

艶っぽいカズダンスも

ど派手なタキシードを着こなすセンスも

53歳になってもトレーニングをするストイックさも全てない。

ないものばっかりである。

有るとすればそれに気づいている冷静な私の思考回路

全然うれしくない感じ yell

 

「自分たちのサッカーの日本代表としての誇りと魂は向こうに置いてきた」

 

日本帰国時のカズの言葉

それはワールドカップを戦った男の言葉ではなく

最終メンバーから落選した男の言葉。

 

 

ほんまもんになりたい!

 

こんにちは。

皆さんはトイレから脱出出来なくなった経験はありますか?

私はある、しかもつい最近。

トイレの戸が開かなくなったとか、気分が悪くなって動けなくなったとか

そんな事が理由ではない。

ウォシュレットが壊れた・・・

用を足し「洗浄」を行い「停止」を押す。

ほぼ寝ながらでも出来るルーティン。

でも今日は違った、「停止」が出来ずひたすら洗いっ放し。

気持ちいいのを通り越しいつまでも立ち上がれない事に気づく。

頭をよぎった選択肢は以下の3つ。

 

 

 

 

 

 

 

(1) リモコンの電池を抜く

→ 抜くが効果なし その間も洗浄中。

 

 

 

 

 

 

(2) 電源を抜く

→ 手が届かない。 引き続き洗浄中。

 

 

 

 

 

 

(3) 水栓を閉める 

→ やはり手が届かない  洗浄止まらず、水がもったいない

若干、八方ふさがりな感じ。後は一気に立ち上がり便座でふたをする。

アキラ100%的な対処方法。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には奥さんに助けを求め電源を抜いてもらうことで無事解決。

リモコンの電池の消耗が原因。

洗浄で電池が0%になったって事で、決してアキラ100%とかけてはいない事を

ご理解いただきたく締めくくる。

 

突然ですが10年振り位にホームページをリニューアルした。

昨今の㏋は製作してアップしておしまいではなく

コツコツと育てる事が大切らしい。

㏋を育てるとどうなるかと言うと・・・

最終的に売り上げが上がり儲かるらしい。

なんなら給料も増えお小遣いも増額になるらしい。

いやいや表現がよろしくないな、

企業が成長して社会的責任を果たせるらしい。

これは素晴らしきかな!

「それじゃ、㏋を育てるにはどうしたらいいの?」

「そうですね、ブログや新着情報をこまめに更新する事ですね」

にっこり微笑む担当者。

って事でブログを書く羽目 事になりました。

 

 

 日本の夜明けぜよ

リスタート京都電子!

がんばれブロガー